ブログ

HOME > ブログ > 現場レポート > 寄棟屋根のお家から考える大工のお仕事

寄棟屋根のお家から考える大工のお仕事

2021.10.01

こんにちは!

設計の井上です。

すっかり夏の暑さはなくなりましたね。もう10月なので当然ですけど、月日の流れは早いものです。

 

さて本日はO様邸の現場レポートです。

最近では片流れ屋根が人気ですが、やはり寄棟屋根というものも良いですね。

日本の住宅と言えば、切妻、寄棟、入母屋などという屋根の印象があります。

屋根の構造上、内部も色々と複雑です。

 

現在ではプレカット技術の向上は凄まじく、複雑な構造であってもほとんどが対応可能です。

昔の大工さんなんかは指矩(“さしがね”と呼ぶ直角定規みたいなものです)一つでパパっと作っちゃうわけですが、これもまた凄まじいです。

指矩を使って仕事をすることを“規矩術”といいますが、読んで字の如く、本当にみたいなものです。

三角関数など学術的なものではなく、おそらく経験則から導かれた技の数々が人から人へと伝承されて行き、またそれを発展させたのでしょう。

 

大工というお仕事の奥深さも凄いですよ!

それではまた!

 

滋賀で土地探し・注文住宅を建てるならエールコーポレーションまで!

 

現場レポート一覧へ戻る

お問い合わせ・ご相談はこちら

  • エールコーポレーション株式会社

    滋賀県草津市北大萱町556番地の2
    Tel 077-568-3190
    Fax 077-568-3773

  • 0120-68-3190

    受付時間: 9:00~18:00
    定休日: 年末年始・祝祭日

  • お問い合わせフォーム
滋賀エリアの不動産はお任せください! 滋賀県 / 大津市 / 草津市 / 守山市 / 栗東市 / 野洲市 / 近江八幡市 / 湖南市 / 甲賀市

ブログ

Copyright (C) Yell Corporation. All Rights Reserved.