ブログ

HOME > ブログ > 建築徒然日記 > 躯体検査に外装下地検査

躯体検査に外装下地検査

2016.08.26

今週の監督たちの現場ブログは設計の片野がお届けします (^o^)

今回は「躯体検査」と「外装下地検査」についてご説明していきたいと思います。

建築を進めていく中で、上棟が完了し、筋交いや構造用合板などの補強材を入れ、接合金物を取り付けた後に、ちゃんと指定の場所に補強材や接合金物が入っているかどうか、しっかり留め付けがされているかを第3者機関の目で確認してもらうために、日本住宅検査機構(JIO)に躯体検査を行ってもらっています。

ImageDisplay ImageDisplay2

 

 

 

 

その後、外部の壁に透湿防水シートを施工しましたら、同じく、日本住宅検査機構(JIO)にて外装下地検査を行ってもらっています。

雨水の進入が無いように施工されているかどうか、既定の数値で施工されているかどうか厳しく検査を受け、建物の品質を守っています。

ImageDisplay5 ImageDisplay4 ImageDisplay3

 

 

 

 

 

あまりご覧になる機会がないような部分ではありますが、建物の品質を保つためには本当に大切な工程になりますので、機会があれば一度ご覧になってください!

 

お家づくりの参考になりましたら幸いです。

滋賀で注文住宅を建てるならエールコーポレーションへ!!!

建築徒然日記一覧へ戻る

お問い合わせ・ご相談はこちら

  • エールコーポレーション株式会社

    滋賀県草津市北大萱町556番地の2
    Tel 077-568-3190
    Fax 077-568-3773

  • 0120-68-3190

    受付時間: 9:00~18:00
    定休日: 年末年始・祝祭日

  • お問い合わせフォーム
滋賀エリアの不動産はお任せください! 滋賀県 / 大津市 / 草津市 / 守山市 / 栗東市 / 野洲市 / 近江八幡市 / 湖南市 / 甲賀市

ブログ

おすすめ物件 スタッフ一押しの物件です

オーナーズクラブサイトが新しくなりました!!

YELL Owner's Club YELLオーナー様専用サイト

Copyright (C) Yell Corporation. All Rights Reserved.