ブログ

HOME > ブログ > 建築徒然日記 > 物件調査こそ設計においての重要項目!!

物件調査こそ設計においての重要項目!!

2017.02.11

今週の監督たちの現場ブログは設計の片野がお届けします (^o^)

今回は以前にお話しさせていただきました。現場調査の次の段階である、物件調査について掘り下げたいと思います。

物件調査とは、建築場所の敷地にどういった建物が建ち、どういった制限や条件があるのかを調べることです。

以前も、設計の仲間が記載してくれている、用途地域や道について調べたり、敷地の中にどれぐらいの大きさの建物を建てられるのか(建蔽率や容積率)調べたり、どれぐらいの高さの建物が建てられるのか(道路斜線や隣地斜線、高度地区、北側斜線)調べたり、建物の色を制限する法令(景観法や地区計画等)なんかも調べます。

30程の項目について調べないと、どんな建物が建てられて、制限内でどれぐらいの建物が建つのかわかりません。

無題 無題2

全ては、お客様に良い提案をするためであり、事前に不安な点を一つでも多く解消するために行動しています。

図面上でわからないこと、気になることがございましたら、いつでも気軽にお声掛けください。

お家づくりの参考になりましたら幸いです。

滋賀で注文住宅を建てるならエールコーポレーションへ!!!

建築徒然日記一覧へ戻る

お問い合わせ・ご相談はこちら

  • エールコーポレーション株式会社

    滋賀県草津市北大萱町556番地の2
    Tel 077-568-3190
    Fax 077-568-3773

  • 0120-68-3190

    受付時間: 9:00~18:00
    定休日: 年末年始・祝祭日

  • お問い合わせフォーム
滋賀エリアの不動産はお任せください! 滋賀県 / 大津市 / 草津市 / 守山市 / 栗東市 / 野洲市 / 近江八幡市 / 湖南市 / 甲賀市

ブログ

おすすめ物件 スタッフ一押しの物件です

オーナーズクラブサイトが新しくなりました!!

YELL Owner's Club YELLオーナー様専用サイト

Copyright (C) Yell Corporation. All Rights Reserved.